キリスト教の教会での葬儀

キリスト教教会での葬儀。教会に所属している信者ではなくても、牧師や神父さんにお葬式の司式やメッセージをしていただけるのか?お祈りや讃美歌と生花祭壇。

キリスト教追悼電話対応の火葬式は前の夜の式を行いません。

プログラムは短いですが、司祭が大切にして用意します。

まずはキリスト教徒葬送相談窓口にご一報ください。

お亡くなりになられたお宅に業務用車にて移動に伺います。

次に、御遺族の皆様で棺に入れることをさせていただきます。

葬儀場に行動して、亡き人を追悼します。

神父が親族を道案内します。

亡き人の生前の生活に感謝しながら、祈りを捧げることをします。

聖職者が合っている聖典の御ことばを取り次ぎます。

召天者を見届けて、想い出を分かち合います。

クリスチャン葬礼援助対応の一日の葬式は、食事を共にする場所を用意します。

ファミリー葬は、お通夜と葬礼をします。

教会での葬儀

安心感のある生花祭壇を飾って、親族と共に召天者を偲びます。

パスターはご家族と共に葬儀場に行きます。

一般的な葬儀は職場の仲間やフレンドを招待します。

教会員のメモリアル礼拝で御言葉を宣言する聖職者の派遣だけでも対応します。

近隣の告別式場に申請しているのだけど、司式者は安心できる宗教者にお願いしたいという喪主様に。

仏式の僧侶へのお礼は高い。

一流のミュージシャンによる音楽のお葬式。

日本の送葬は、あまりにもコストが膨らむのために注意が必要。

クリスチャンメモリアル礼拝の主な必要経費は、神父やピアノ奏者へのお礼、施設利用費用、納骨堂などになります。

葬祭業者は、亡骸の運送から葬儀場の手配、追悼の予定まで全部引き受けます。

広告